हर रोज जापानी

 2 行政裁判:国や地方自治体などの行政機関が基本的人権を侵したと考えるとき、行政処分の取り消しや保障を求めて行う裁判で、和解が成立しない場合は裁判所が判決を下す。例えば、公害裁判などで住民と企業の訴訟は民事裁判であるが、原告が国や自治体の行政責任を問う場合は行政裁判になる。        
 1960年1月19日国会を取り巻く激しい労働者や学生の抗議の渦の中(第一次安保闘争)、安保条約の改定が行われた。この条約のほかに、今沖縄で問題となっている合衆国の軍隊の地位に関する「日米地位協定」や多くの関係国内法が定立されており、それらが今日の日米安保体制を形成している。        
 仏教は、ゴータマ?シッダッタ(ガウタマ?シッダールタ)が覚りを開いてブッダ(覚者)となった時に始まる。ゴータマ?シッダッタはヒマラヤ南山麓(現在のネパール)の釈迦族の国王の長子として生まれたので、釈迦とも呼ばれる。その生誕は、前485年ごろと前383年ごろの二説が有力である。        
 出生率の低下により子どもの数が少なくなる少子化現象は先進国で顕著である。原因としてはライフスタイル的要因として、女性の高学歴化や職場進出,未婚率の上昇,結婚年齢=出産年齢の上昇があり、社会的要因としては育児費用や養育費用が高い、仕事と子育ての両立が難しいことなどが挙げられる。        
 そのため、国連環境計画(UNEP)が中心となって、「有害廃棄物の国境を越える移動及びその処分の規制に関するバーゼル条約」(1989年採択)が結ばれ、廃棄物の輸入国等の事前了解、不適正な処理、処分が行われた場合の回収措置、その他の国際協力などを盛り込んだ条約が92年に発効となった。